ボラセンのつぶやき

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボラセンのつぶやき

こんにちは、ボラセンです。僕が日々思うことをひたすら書きまくるブログへようこそ。

車椅子の科学者がそれでもやり通した、彼の人生の生き方。

f:id:cka-lek:20170319200625j:plain

(再び卒業式の話)

 

From: ボラセン

 

こんにちは、ボラセンです。

今日はちょっとだけええ話を。笑

 

 

先日の卒業式でお偉いさんがお偉いことを話していました。

僕は割とそういうのを聞く方で、

 

理由はよくわからないけど偉くなってるっていうことは、

実力があったのか経験があったのかうまく世を渡ったのか(笑)、

とにかく、偉くない自分よりも確実に強キャラであるから、

 

その人の言葉からは盗めるものがあるんじゃないかと思って

なるべく聞くようにしています。

 

 

今回の卒業式でもぬるぬるとお偉い話を聞いていて、

僕が一つ心に残った言葉がありました。

 

僕の大学の学長がいつも心に留めているという、

イギリスの科学者スティーブン・ホーキング博士の言葉です。

 

f:id:cka-lek:20170321090132j:plain

 

車椅子の科学者、

知っている方もいるのではないでしょうか??

 

彼は、こんなことを言っていたそうです。

 

ホーキング博士の言葉

 

人生は、できることに集中することであり、

できないことを悔やむことではない

 

I try to lead as normal a life as possible,

and not regret the things it prevents me from doing.

 

多くの人は、この反対ですよね。

できないことを嘆き悲しみ、そして人生に萎えるみたいなw

 

では、ホーキング博士はどんな思いでこの言葉を言ったのでしょうか?

ホーキング博士の人生を追ってみたいと思います。

 

 

ホーキング博士ってどんな人?

ホーキング博士はイギリスの物理学者。現在75歳。

 

一般相対性理論が成り立たない特異点の発見や、

量子効果によってブラックホールから粒子が逃げ出すホーキング放射予想を立てています。

ちなみに学校で習いましたが、とにかく難しいです 笑

 

 

17歳の若さでオックスフォード大学に入学。

しかし、最初の2年間は講義が簡単過ぎてガン萎え。

 

その後気合いで馴染んで、

科学者の道に進みます。優秀。

 

そんなスーパー科学者ですが、

ホーキング博士は21歳でALSという平均余命5年の病気になります。

 

結果的にはそこから50年以上生きるという強さですが、

その人生は死と隣り合わせ。

いつ死ぬかわからないという状態で、それでも生き続けた人。

 

ALS以外にも、

・重篤な肺炎になり、気管手術。声を失う。

・著書「ホーキング博士、宇宙を語る」が大ヒットになり一躍有名人になったが、そのせいで学生時代に知り合い結婚した妻と距離が生まれて離婚。

・2回目の結婚をするも、奥さんから身体的虐待を受け離婚。

 

 

・・・もう、可哀想なくらいな人生。

 

波乱万丈。

とにかく離婚しがち。

 

 

それでもホーキング博士は前向きで、

74歳だった去年2016年、ロシアの投資家とともにスターショット計画を発表。

小型探査機を4.4光年先のアルファ・ケンタウリまで送る計画をしています。

 

natgeo.nikkeibp.co.jp

 

 

そんなホーキング博士なのに出た言葉。

そんなホーキング博士だからこそ出た言葉。

 

あなたも人生に迷った時、

この言葉を思い出してください。

 

 

人生は、できることに集中することであり、

できないことを悔やむことではない

 

広告を非表示にする